アクアスキュータムとは

アクアスキュータムとは

アクアスキュータムの基本、店舗、レナウン、アイテム、値段、イメージ、スーツ、コート、アウトレットについて(2017年08月17日 最終更新)

カテゴリ:
ブランド
バーバリーと並ぶイギリスの二大コー卜ブランドとして日本では知られている。歴史的には、1851年ジョン・エマリーによりロンドンのリージエントストリートに創業された高級紳士服の店エマリ&カンパニーが前身であるアクアスキュータムの方が、1856年創業のバーバリーより少し古い。創始者ジョン・エマリーの最も大きな功績は防水加工したウール地の発明だ。当時一般的だったゴム引きレインコートの着心地の悪さと嫌な臭いを解消したのだから。この防水地で作ったコ-トを、アクアスキュータム社は1854~56年のクリミア戦争のさいに英国軍兵士に提供した。雨風を凌ぐ抜群の機能性が戦場に多くの武勇伝を残し、コートの存在をも知らしめた。この戦争で軽騎兵隊の司令官だったラグラン卿の求めに応じ、動き易いラグラン袖が考案されたことも特筆しておきたい。
1890年には現在本社のあるリージエン卜100番地に移転。ラテン語で”水“を意味する”アクア“と”楯“を意味する” スキュータム”を合わせた”アクアスキュータム“ (防水)を正式にトレードマークとして採用したのは1895年のこと。この年グラント・オブ・アームスと称される”楯と水”を組み合わせた紋章も正式に定められ、婦人服の製造も開始される。
1897年には、エドワード7世により最初のロイヤル・ウォラント(勅許状)を授与されるにいたる。エドワード7世の目にとまって王愛用のコートやマントとなり、頻繁に王がヨーロッパ各地を訪れたその影響で、ヨーロッパ中の王家の人々がアクアスキュータムの顧客になるのに時間はかからなかった。その後も数度にわたり国王の勅許状を授与されているアクアスキュータムは、イギリスで最高の紳士服ブランドとしての格式と地位を確立した。
そして有名なトレンチコートが最初に注目を浴びたのは1914~18年の第一次世界大戦のことになる。この時にはアクアスキュータムの防水ウールで作られた将校用コートが大活躍する。塹壕(トレンチ)の中で戦う兵士を寒さだけでなく水や泥からも守り、トレンチコートという呼び名を世界中に知らしめ、その名声は戦後のブームへと受け継がれていく。その結果、トレンチコートは機能性だけでなく、ファッション性も高く評価されるようになった。
この戦争中には、従来の婦人用テーラーメイド・スーツの他に防水加工した泊落た婦人物のコートの生産も開始され、アクアスキュータムは高級婦人服の老舗としての第一歩も歩み始めている。そしてアクアスキュータム100周年の1950年代の「ヴォーグ」には、クラシックでありながら完成度の高い婦人用コートがたびたび登場していた。
紳士物の方は当初、細部にまでデテールにこだわった機能的な軍人用のトレンチコートと、肩章やタブを省略した軽快な一般市民用トレンチとを作りわけていた時代もある。現在はほぼ軍人用に近いデザインを採用した厚地コットン製のものがひろく一般的に知られ、着用されている。コットン製な
ので1976年の創業125周年に導入されたクラブチェックのウール地をライナーに用いたり、裏地に使ったものが多い。このトレンチコートが現在のような紳士コートの定番として、しかも渋く格好良いスタイルとして認知されるきっかけは、九山二年の映画『カサプランカ」。ハリウッド映画全盛時代のこの時、ハンフリー・ボガートが粋にかぶったソフト帽と共に着ていたのがアクアスキュータムのトレンチコートだったのだ。以後アクアスキュータムのファンとなった彼は、50年代になっても映画の
中でアクアスキュータムのコー卜を愛用した。先にあげた英国をはじめとするヨーロッパ王室だけでなく、ボギーのようにハリウッドにもアクアスキュータムの顧客は多い。
ショーン・コネリー、アレック・ギネス、ソフィア・ローレン、ヴアネッサ・レッドグレーヴといったスターたちも名を連ねている。また、60~70年代には「モッズ」ルックにも適応し、毛皮の襟のついたカーコート等でもヒットを生みだした。アクアスキュータムらしくポール・マッカートニーの名が顧客リストにあるのも興味深い。
また、サッチャー、メージャーなど英国首相、ニクソン米大統領、作家兼業のジェフリー・アーチャーといった政治家の名が見られるのもアクアスキュータムならではだ。なかでもサー・ウィンストン・チャーチル御愛用のコー卜もアクアスキュータムだったことが忘れ難い。よく目にする蝶タイに
ストライプの三つ揃い、大いパイプをくわえて顔をしかめたチャーチルのスナップがあるが、その彼が上にサラリと着ているのがソフトなウールで作られたラグラン袖、比翼仕立ての典型的な紳士服コートであり、アクアスキュータムの代表的コー卜のひとつなのだ。
機能面で忘れてはならないのは1953年エベレスト登頂に成功したエドモンド・ヒラリーが着用したのが、アクアスキュータムが開発した防水素材だということ。ウィンコルD・711の登山服である。この素材は今もレインコートに使われている。