アウトレットお得テクニック

アウトレットお得テクニック

アウトレットと言っても、そこにある全てがお買い得というわけではない。価値ある品を見つけるにはちょっとしたコツがいります。(2017年08月21日 最終更新)

カテゴリ:
アウトレット

大穴のお買い得は店舗奥のコーナーにあり

お宝は店舗の隅に置かれています。アウトレットの店舗レイアウトにはある程度共通した傾向がある。表から見える入口両脇のワゴンなどには「客寄せ」の50%オフ以上の特価品が並ぶ。そして入口から店内を見渡した時に目に入るのが、センターに置かれた商品群だが、これは店側の積極的に売りたい商品でお宝は少ない。狙うなら店舗の奥だ。ブランドイメージを維持するために、安く売っていると知られたくない商品がこっそり置かれている可能性が高い。ショップに入ったら、まず一番奥を探ろう。

アウトレットの底値(最安値)は2月と8月

年間を通して安いアウトレットでも、さらに安い時期はある。シーズンごとのセールも、百貨店などの一般のショップとほぼ同時期に始まるが、この時期のアウトレットはまだまだ買い時ではない。狙い目は、通常のセールが終わった2月と8月。ここが底値の時期だ。通常セールで売れ残ったものがアウトレットに入荷する上、「この時期はプロパーのショップが次シーズン物を売り出すタイミング。アウトレットの顧客が減るので、さらに安くして集客する必要があります」(前出・武欄堂さん)。ただし、売れ残りだから品揃えがいいわけではないことだけは覚えておこう。その代わり、型落ちの次シーズン物も同時に並ぶことがある。これらは1~2年前の売れ残りなので、かなり思い切った割引になることもあるそうだ。

お得な時間帯は夕方。空いていて安い

週末となると絶対に混雑するアウトレットモール。だが、人込みを避けたいなら、むしろ夕方以降が狙い目だ。もちろん時間に限りがあるので効率的に見て回る必要があるし、クルマなど足の確保は必須だが、日没後のモールは空いている。じっくり商品を選べるのは、買い物好きにはうれしい限りだ。さらに、モールごとに期間限定のタイムサービスを実施しているところも少なくない。時期によっては夕方以降に行うところが多く、さらにお得な買い物ができるだろう。情報は事前に確認しておこう。
カテゴリ:
アウトレット