コーチ COACH:1941-(USA)

コーチ COACH:1941-(USA)

「アリ」か「ナシ」かといえば、現在ののコーチは、「アリ」である。 例えば、店頭で目に止まったあるバッグの値段が、自分の自由になる金額より、数千円高かったとする。 買うか買わないか、迷う。そこで、「ナシ」の場合、買わずに諦めるが、「アリ」の場合、「来週の昼ご飯、お弁当にすれば買える」という計算をする。(2017年08月17日 最終更新)

カテゴリ:
ブランド
「アリ」と「ナシ」の差異は、たいていそんなことであり、しかしそれが、とても重要なことでもある。
その「アリ」の世界にコーチはいる。それは、コーチの商品の中にある、「伝統」とバランス良く存在する「流行」が、時どきの空気感に非常にマッチしているからであると思う。
コーチという名前からは、伝統、職人、皮工芸という言葉が持つ匂いと、同じような匂いが漂ってくる。質のよい、シンプルな皮のバックや小物。そして、商品に添えられたタグには、まるで商品たちの「検印」のように「コーチ」のロゴが押されている。
ニューヨークに本店を持つ、コーチの歴史は、1941年、マイルズ・カンとその妻リリアンが、伝統を重んじた、落ち着きある皮革製品を作ろうと、小物の製造を始めたところに幕を聞ける。以後、その商品のラインナップは、様々な皮小物からハンドバッグなど、広がりを見せていくが、一貫して「伝統」(=クラシック)を重んじる姿勢は変わらなかった。
しかし一方、近年のコーチは、これまであえて作らなかった布製やビニール製のトートバッグや、モノグラム柄など、「伝統のコーチ」にはなかった、いわば「流行のコーチ」を感じさせる商品が、ヒットを生んでいる。そう、つまりこのヒットこそが、「アリ」のコーチの最も明らかな証明なのである。
古く、また新しくもある柄。個性的で、しかし多くの人々に好かれる形。捉えがたく扱いがたい、この「流行」というものも、コーチのしっかりとした「伝統」のグラウンドに立つからこそ、絶妙のバランスを保ち、「アリ」のバッグとして、人々の肩を飾るのである。