ビクトリノックスの一覧

現在日本ではマルチツール(多機能折りたたみナイフ)包丁、時計、カバン、スーツケースさらにはフレグランスを販売している。その洗練されたデザインに魅了される人が後を絶たない。さらにデザインだけではなく品質、機能性は世界最高水準であり諸外国で高い評価が得られている。 スイスシュヴィーツ州イーバッハで産まれ、鍛冶職人として修行を積んだカールが開いた工房がその始まりとされる。 名前の由来はカールの母ビクトリア・エルズナーの「ビクトリア」とinoxydable(ステンレスの意)の言葉を掛け合わせてできたものである。 1992年に自社販売会社であるビクトリノックス・ジャパンを設立することで日本に上陸をする。 元からナイフで人気のブランドであったが、アパレルの販売により様々な層のファンを獲得することに成功し、今に至る。 2001年にアメリカで初めてアパレルの販売をはじめる。マルチツールから得られるインスピレーションを元にした独自の価値観によるデザインで人気を集める。 その後、腕時計メーカーの「WENGER SA」を傘下に入れ、腕時計の取扱を始める。 2007年には「Victorinox Swiss Army Fragrances AG」を設立し、フレグランスの販売を開始。 そして2014年に「TRGグループ」のトラベル&ビジネスギア事業を買収して「Victorinox Travel Gear AG」を設立。 2016年冬物のテーマは「MODERN CRAFT」。現代に生きる職人たちに敬意を示して作られたアイテム。